長野県須坂市高山村の破風岳・土鍋山

2024/6/8(土)長野県須坂市高山村の山

毛無峠登山口9:40 破風山10:15-10:25 破風山11:15-11:20 土鍋山11:55-12:50 駐車場13:50-14:20 自宅16:55

御飯岳はこちら

駐車場の脇でおにぎりを食べて休憩。
奥の駐車場も満車で10台位、グライダーを飛ばす方の車が多かったです。

23-IMG_4321.JPG
群馬県と長野県の県境かな。
小串硫黄鉱山跡には立ち入り禁止。



24-IMG_4322.JPG
破風山、土鍋山登山口、ここは看板あり。
こちらは長野県の高山村の管轄らしいです。



25-IMG_4323.JPG
埼玉の男性は先に出発していきました。



26-IMG_4325.JPG
さっき登った毛無山と御飯岳を眺めながら進むと、埼玉の男性に追いつきました。



27-IMG_4326.JPG
ムラサキヤシオは終盤で、その先で親子三人の登山者を追い越しました。



28-IMG_4328.JPG
ショウジョウバカマ



Y時になっていたので、昭文社の地図で確認し埼玉の男性とまずは右方向へ。
頂上直下で群馬の若いカップルとすれ違う。



29-IMG_4329.JPG
登り上げると破風岳の頂上。
三角の老ノ倉山も見えて景色は良かったです。

老ノ倉山にも登ろうと思っていたので、埼玉の男性より先に出発。



32-IMG_4332.JPG
昭文社の2004年の地図では、10分先から土鍋山への道に合流と書いてあったので進みます。
笹は刈ってあるけれど、案内板なし。

早歩きだったから10分より大分進んで、おかしいなと思いながら進み、展望が開けた場所までいってしまい、男女三人組がいて教えて貰い、道が違うので戻ります。
途中で埼玉の男性がやってきて、違うと伝え二人で戻りました。



33-IMG_4333.JPG
また破風山の頂上に戻ってきて約1時間ロス約1時間のロスタイム。

後で気がついたけれど、会の仲間もY時の場所の案内板が吹き飛ばされて、昭文社の地図で違う方向に行ってしまった話を思い出しました。
地図の線の書き方が違うのか、道は消滅したのかは定かではありません。



破風岳からいったん下ってY時場所から進みます。



34-IMG_4334.JPG
案内板が出てきて。


35-IMG_4335.JPG
次から次へと案内板が出てきます。



36-IMG_4336.JPG
埼玉の男性と前後で歩きます。
笹はかってあって助かります。



37-IMG_4337.JPG
これだけ案内板があれば間違うことはありません。



38-IMG_4338.JPG
五味池からとの分岐です。



39-IMG_4339.JPG
道は踏まれて間違うところは無し。

途中で破風山の頂上で一緒になった親子が下ってきました。



40-IMG_4340.JPG
岩場はトラロープが張ってあります。



41-IMG_4341.JPG
土鍋山頂上には須坂の元気の良い女性二人組が休憩中。一人の女性にどこで間違うの!とちょっと感じ悪い言い方をされたけれど、高山市の男性も2017年の昭文社の地図で間違ってしまい、途中で引き返したそう。

二人の女性は五味の方から登ってきたそう。
ツツジが綺麗で山菜も取れたと見せてくれました。

アラカン、アラ70の三人で一緒に下ることになりました。



43-IMG_4344.JPG
ツバメオモト



44-IMG_4345.JPG
雲が多くなったけれど景色が眺められると気分も違うなぁ。



45-IMG_4346.JPG
グライダーが飛ぶ空を眺めながら下山しました。
登山者は10+α人位でした。

駐車場に着いたけれど、山の話や新ニーサ等で盛り上がっていると、高山村の役場の方が丁度車できたので、Y時場所の案内板がなくなっている事を三人で伝えて、狭い道を緊張しながら戻り、万座温泉方面へ車を走らせました。
老ノ倉山の登山口は万座温泉方面への鋭角的に曲がる分岐場所にありますが、いろいろ疲れたので老ノ倉山は繰り越しをしました。

ランキングに参加中、⇩⇩クリックをよろしく(^_-)-☆
人気ブログランキング
人気ブログランキング